キャバクラでの仕事

キャバクラというと、お酒を飲んで可愛い女の子と楽しくおしゃべりをする、それが男性の持つイメージです。
女性にもそう思っている人がいるかもしれませんが、働く側の気持ちがこれだけではいけません。
キャバクラの基本的な仕事は、確かにお酒を飲んでお客さんと楽しく会話することです。
しかし、主役はあくまでもお客さんであり、もてなしをするのがキャバ嬢の役目です。
できれば、飲食も積極的に注文してもらって、楽しんでもらう努力も必要です。
またお店に来てもらうには、今日の一時一時が勝負なのです。

 

キャバクラは風俗ではありませんから、タッチはNGです。
その点は安心ですが、もちろん酔った席での男性はさりげなくタッチしてくる人もいます。
そんなときでも、やんわりとお断りするのもキャバ嬢の仕事です。
お客さんの気を悪くしてしまっては、自分を呼んでくれなくなるということ以上にお店に来てもらえなくなるという責任がかかってくるのです。
そつなくコミュニケーションをとるには、しっかりした接客マナーも必要です。
キレイなドレスを着て、座って楽しく話していればいいというわけではないのです。

 

お客さんは、一人一人性格も好みもポリシーも違います。
数名のお客さんとウマが合うからといって、他のソリが合わないお客さんを相手にしないわけにいかないのがキャバ嬢です。
どんなお客さんでも良い気分にして帰してあげる、これがキャバ嬢の仕事なのです。
お客さんに指名をしてもらうために、同伴出勤をしたり、アフターといって退勤後に飲みにつきあったりすることもあります。
これも、お客さんにまたお店に来てもらうためには、必要なことなのです。

「キャバクラ」ってどんな所?

キャバクラは、時間料金制で女の子と楽しくお話できる場所です。
気軽に話ができる女の子が身近にいない、彼女や奥さんがいても別に気楽に楽しい会話をしたいという人には、ピッタリのお店です。
お酒を飲みながらが基本ですが、飲めなくてもいろいろな飲み物があるので大丈夫です。
時間料金を支払って、あとは飲食代がプラスされるというのが基本的なシステムです。

 

キャバクラに働いている女の子は、若い子が多いのが特徴です。
日常的には目にしないような華やかなドレスで、いつでも明るい笑顔でもてなしてくれます。
中にはカリスマ的なキャバクラ嬢やage嬢なども存在しますが、それ以外の女の子もとても素敵です。
職業として、憧れている女の子も少なくないのではないでしょうか。
キャバクラで働く女の子が着るドレスには、様々なデザインがあります。
頭からつま先までゴージャスにまとめているので、まるで女優さんのようです。
といっても、接客マナーもしっかりしていて、話しているととても癒されるのです。

 

キャバクラのイメージには、はまって大金を注ぎ込んでしまう人もいるというようなマイナスなものもあります。
しかし、適度に通えば、お小遣い程度で済むスペースです。
最近のキャバクラでは、あらかじめ予算を知らせておけば、オーバーする前に教えてくれるというところも多いものです。
羽目を外さないようにすれば、十分節度を持って楽しめる社交場だといえるでしょう。

キャバクラの体験入店

キャバクラは世間にたくさんあり、働いてみたいと思ってもどこがいいのか迷ってしまうでしょう。
まずは、どんな基準でお店を選んだらいいかもわからないかもしれません。
優先的に考えるのは、お給料や待遇のことでしょう。
次に重要になってくるのが、お店の雰囲気ではないでしょうか。
気になったお店で働いているキャバ嬢の様子、マネージャーやボーイさんが気になる人もいるでしょう。
お店の雰囲気に、自分がイメージしていたキャバ嬢の感じが違っていれば、すぐに辞めてしまうことになるかもしれません。
そんなことにならないためには、体験入店をすることをおすすめします。

 

体験入店では、気になるお店で面接をしてOKをもらったら試しに働いてみることになります。
ドレスはお店で貸してもらえる場合が多いので、あらかじめ聞いておくとよいでしょう。
体験入店では、お店で働く雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。
他のキャバ嬢の働きも見られて、キャバクラで働くというのがどういうことがわかるはずです。
体験入店なので、その後働き続けるかは自由です。
お店側でも判断がありますから、お互いがゴーサインを出したら、そのお店で働くことになります。
長く楽しく働き続けられるように、体験入店でいろいろな面を見てみて、自分に合うお店かどうかを判断してください。

キャバ嬢として自立するコツ

お店でお客さんの接客をすれば、キャバ嬢として成り立つというわけではありません。
お店では、女の子を気に入ってもらって指名料がついたり、飲食をたくさんしてもらうことで売上を上げています。
そのため、売上に貢献できないような女の子は、残念ながら失格になってしまいます。
会社に行っていても、働きが悪い人は叱られたりクビになってしまうこともあります。
それと同じか、それ以上に厳しい世界がキャバクラなのです。

 

そのため、女の子はしっかりとマナーを守って努力する人が多いです。
頑張れば成果が出る仕事ですから、自立心も育ちます。
お給料も上がる上に、仕事自体も楽しくなってきます。
せっかく働くのですから、人気者になってキレイなドレスがもっと映えるような女性になってみませんか?
キャバドレスは、お仕事をするときに女の子を魅力的に見せる最大の武器です。
もちろん着飾るだけでは上手くいきませんが、見た目の美しさというのは欠かせないものなのです。

 

キャバ嬢として自立するためには、コミュニケーション力も必要です。
会話も下手で恥ずかしがりやという人でも、愛想だけは良くしてみましょう。
男性は、女の子がニッコリ笑顔を見せてくれるだけでも弱いのです。
そして、会話力は徐々にきちんと磨いていくようにしましょう。
いつまでも笑顔だけで勝負では、お客さんに飽きられてしまいます。
聞き上手であり、話題の振り上手になれば、どんなお客さんでもこなせるようになります。

キャバ嬢の全身スタイル

キャバ嬢を美しく決めるのは、キレイなドレスだけではありません。
ゴージャスに盛ったヘアやバッチリ決まったメイクも、欠かせないポイントです。
キャバ嬢自身も、これらが全て完璧に揃って、やっとお仕事に入れるのかもしれません。

 

いくらキレイなドレスを身につけても、メイクや髪型が普通だと美しさが映えません。
男性が魅力的だな、と人一倍に感じることができるスタイルでないと、たっぷりもてなしてあげたとはいえないのです。
だから、ドレスもメイクもヘアも全て揃えてきれいにするのが、キャバ嬢の勤めです。
日常の延長にいる女の子と会いに、お金を払ってキャバクラに行く男性はいません。
非日常空間にいるお姫様を演出することが、お仕事の第一歩です。

 

そのために、お店によっては、専属の美容師さんを雇ったり、美容室と契約しています。
女の子は、そこでお店に出る前にきちんとヘアをセットしてもらうのです。
ただ、メイクは自分で上達していくのが普通です。
また、一般的なキャバクラでは、ヘアも自分でセットするというところが少なくありません。
ちょっと大変ではありますが、お洒落のスキルも上がると思って頑張ってみましょう。
お酒を飲んで夜遅くに仕事をするキャバ嬢は不健康に思われるかもしれませんが、美容のために帰宅したらすぐに寝るという人も多いのですよ。

キャバクラのドレスは何着必要?

キャバ嬢によっても、持っているドレスの数は違います。
ドレスが好きで、何十着も持っている女の子もいれば、数着しか持っていない女の子もいます。
出勤する日数によっても違ってくるはずで、毎日出勤するような女の子が数着しか持っていないのは問題です。
キャバ嬢にとって、ドレスはキャバクラでの制服です。
いくらお洗濯をしていても、いつも同じドレスを着ていてはお仕事に支障が出てしまいます。
お金をかけることがこだわりというのに抵抗を感じる人がいるかもしれませんが、ドレスの数だけ気合の入れ方も違ってくるものなのです。

 

本業でもアルバイトでも、週に2日以上出勤するのであれば、ほんの数着のドレスしか持っていないのは不十分です。
かといって、安物を着て自分まで安っぽく見えるのは嫌だと思うかもしれません。
大丈夫、今ではインターネットでもたくさんのキャバドレスのお店があります。
値段もかなり抑え目でデザインも豊富、スタイルも様々なドレスが揃っています。
少ない出勤日の人でも、大体10着くらいは持っておきましょう。
最初のうちから、そんなに資金がないという人もいるでしょう。
お店によってはドレスを貸し出しているところもありますから、借りながら自分のワードローブを増やしていくとよいでしょう。
仲間から借りてみるというのも、方法です。

キャバクラでの仕事関連ページ

良いキャバクラとは
キャバクラに行ってきれいなドレスの女の子と話したい!そんな風に思うのは、男性だったら自然なことです。 でも、友達同士で行こうというのでもなければ、一人でどこのお店に行ったらいいか迷
キャバクラのドレスの楽しみ方
キャバクラで働く女の子たちがドレスだけでなく髪型も派手にして決めているのは、非日常的であるほうが男性を楽しませることができるからです。 女性にはどこか女優になりたいというか、女優に
通販のキャバクラ用ドレス
キャバクラで働くために必須のアイテムは、キャバドレスです。 非日常を演出するキレイなドレスは、スタイルも様々で迷ってしまうほどです。 どれも着てみたくなってしまうかもしれませんが、
男性好みのキャバクラ用のドレス
キャバクラで女の子がキレイなドレスを着るのは、自分のためが第一ではありません。 楽しみにやってくる男性のお客さんをもてなすために、非日常的な美しいドレスを着るのです。 初心者の場合
キャバクラ用ドレスのショップ【ドレスライン】
インターネットのキャバドレスショップ ドレスラインでは、豪華で品格のただようデザインが揃います。 キャバ嬢も、続けているとどんどん自分の後に新人さんが増えてきます。 そのぶん、頑張