下着のことを「ランジェリー」と呼ぶと思っている方は多いようです。これは間違いではありませんが、厳密には少し違うのです。一般的な下着を装着し、そのうえから飾るために装着するものであり、下着ではありますが、ファッション性を考慮したものとなっています。キャミソール、スリップ、タップパンツ、テディ、ベビードールなどがあります。名前を聞くと、納得できるはずです。ランジェリーの役割は、女性らしさやオシャレを演...

ここでは、ランジェリーについて2種類ほど紹介していきます。キャミソールは、スリップのような下着のことで、袖のないショート丈になっております。肩が見えるような作りになっており、細い肩紐を使用しています。バストの周辺はふっくらとしており、ブラジャーと似たラインとなっています。インナーウェア、アウターウェアの2種類に大別でき、ランジェリーに分類されるのはインナーウェアになります。ツルっとした触感の素材が...

今やほとんどのファッションアイテムは、通販で入手できる時代です。ランジェリーも通販で入手している方が多いです。通販を利用するメリットは、多彩な商品から選べることがあります。また、ショップまで出向く手間もないのです。自宅にいながらお好きなランジェリーを選ぶことができるのです。通販にはいろいろなタイプがあります。テレビショッピング、カタログ通販などもありますが、特におすすめしたいのはインターネット通販...

ランジェリーを着用している方は、日本製を選んでいることが多いようです。日本人の体型に合っていますし、価格も安いのです。インポートランジェリーは、外国で製造しているものです。ランジェリーとは、下着の一種ではありますが、どこかゴージャスでエレガントなイメージがあります。実際、外国製のランジェリーはこのようなタイプが多いのです。派手さを強調した作りになっており、ファッションにこだわる方から支持されていま...

本来は補正下着としての役割があるのがランジェリーなのです。補正機能が付いているものは、インポートの商品に多いです。着用するだけで、胸を大きく見せることができるタイプもあります。日本ブランドの商品にも付いているタイプがありますが、パットを使用して胸を大きく見せるタイプが多いです。ブラジャーのサイドの部分にパッドを挿入することで、バストの形を整えることができるのです。バストを大きく見せるメリットは大き...

ランジェリーなどの下着は、しっかりと洗濯することで長持ちさせることができます。下着は消耗品ではありますが、手入れの仕方によって耐用年数に差が出てくるのです。通常の衣服と比べて、ランジェリーは繊細な生地でできています。普段着の衣服・下着などと混ぜて洗濯するのは好ましくありません。ランジェリーは手洗いで洗うのがベストなのです。洗濯機では繊維を傷めてしまうのです。補正下着としての役割があるランジェリーは...

ランジェリーの魅力といえば、やはりその雰囲気でしょう。下着の一種でありながら、ゴージャスでエレガントな雰囲気があるのです。見えない部分のオシャレとも言えるファッションアイテムなのです。オシャレというのは、目に見えない部分に出やすいのです。脱毛処理などはそうでしょう。ワキ毛を見せる機会はなくても、オシャレな女性は身だしなみとして脱毛処理をしているのです。たしかに、目に見える部分だけをキレイにするのも...

インポートランジェリーに憧れる女性は多いでしょう。でも、「価格が高いのでは?」と躊躇してしまい、国内ブランドの商品で我慢しているかもしれません。実際に、インポートランジェリーは高価です。種類によって価格は異なりますが、ちょっと高いものではブラジャーでも数万円となります。国内ブランドと比べると非常に高いため、購入するのを諦めてしまう方は多いです。そもそもインポートランジェリーが高額な理由は、素材や作...

ランジェリーにもさまざまな種類があります。市場に出回っている商品のほかに、インポートランジェリーもあります。こちらは、外国から輸入しているランジェリーのことです。日本製ではなく、外国ブランドの商品のことです。日本ブランドのランジェリーを輸入したとしても、インポートという言葉は使いません。国々によって下着の形状が違うのは、体型の違いが大きく関係しています。日本人は、もともと小太りの体型が多いと言われ...

下着には実にさまざまな種類があるのです。名前だけでも覚えられないくらいあります。下着というのは、汗を吸着するだけでなく、衣服との摩擦を防いだり、オシャレをしたり、ボディメイクをしたりする役割があるのです。そんな下着には、主に3つの種類があると言われています。1つめは、基礎下着です。ファンデーションと呼んでいます。プロポーションを維持するために着用することが多いです。年齢とともにスタイルは崩れてくる...

ランジェリーのビッグサイズをお探しの人もいるでしょう。でも、体の大きな方にあったサイズを探すのは、かなり難しいものなのです。大きいサイズというのは、どうしてもデザインの選択肢が限られてくるのです。ランジェリーに限ったことではないのですが、ファッションアイテムは平均サイズほどバリエーションが豊富なのです。「これはいい」と思えるサイズは、普通サイズであることが多いものです。大きいデザインのランジェリー...

下着といえば、シャツやパンツを連想する方が多いでしょう。男性と女性によって役割に違いがあります。女性用の下着と言われるものは、2つのカテゴリに分類されています。ファンデーションとランジェリーです。ファンデーションは基礎下着のことです。ブラジャーなどが該当します。ランジェリーのファンデーションは、スキンケア用品のファンデーションと共通した意味合いがあります。土台・基礎といった感じでしょうか。補正下着...

ランジェリーを選ぶにはコツがいります。品揃えにこだわるなら、通販サイトを利用するのが一番です。インポートランジェリーといった海外製の商品を入手することもできます。ショップで購入するよりも選択肢は多いです。選び方の基準としては、自分の体にフィットするものを選ぶべきでしょう。もともとランジェリーは機能性を重視したものです。体に合わないとストレスが溜まりますし、肌との摩擦も生まれるでしょう。あとは、目的...

30代というのは女性にとって節目とも言える年代でしょう。女性らしさがにじみ出てくる年代でもあります。20代のころは、どこか子どもらしい印象もあるでしょうが、30代になると本当の意味での大人に成熟していきます。ランジェリーが似合う体というのは、30代からだと言われています。20代だとセクシーさが不足しており、ランジェリーを着こなせないことが多いのですが、30代からは似合うようになってくるのです。これ...

ランジェリーを収納する方法は、人によって違うでしょう。タンスに入れている方もいれば、床に置きっぱなしにしている方もいるかもしれません。ランジェリーを収納する最適な方法は、収納ケースを使用することなのです。専用の収納ケースも販売されていますので、こちらを利用するとよいでしょう。補正下着でもあるランジェリーは、非常に繊細なのです。生地もデリケートですが、設計も緻密に計算されているので、粗末に扱うと機能...

ウェディングドレスを着ることが夢だという女性は多いでしょう。この際に必要となるアイテムに、ランジェリーがあります。ウェディングドレス用のタイプが必要となるのです。結婚式当日は、少しでも美しく見せたいと思うはずです。そこで必要となるのがランジェリーなのです。ウェディングドレスの下に装着することで、体のラインを整えることができるのです。写真撮影もしますから、最高の美を手に入れて結婚式当日に望みたいもの...

ランジェリーの生地はさまざまです。ツルツルタイプ、形状が複雑なタイプなど、種類によって生地も異なるのです。共通点としては、いずれのタイプもデリケートであることです。服装との摩擦を軽減する働きがありますから、肌ざわりはソフトになっています。それゆえ、普通の衣服と同じように扱うと、傷んでしまうことが多いのです。ランジェリーを上手く収納するコツは、収納ケースを利用するものです。ランジェリー専用の収納ケー...

普段からランジェリーを着用している方は、旅行や出張の際も手放せなくなるものです。そこで問題となるのは、どこにしまうかです。ほとんどの方は、袋に入れてしまうことが多いです。中に何が入っているのか分からなくなるような袋にしたいものです。もっと便利に収納したいなら、ランジェリーバッグが役立ちます。さまざまなデザイン、カラーの商品があります。ランジェリーを保護する機能に優れているため、生地を傷めずに収納で...

ランジェリーポーチは、ランジェリーバッグと似たような役割があります。バッグよりも小型なので、携帯するのに適した作りになっています。旅行カバンに入れて持ち運びができるので重宝します。デリケートなランジェリーは、大切に扱うことが大切です。粗末に扱うと、補正する機能を弱めてしまうことになるのです。キャリーケースやスーツケースのなかに、そのままランジェリーを入れておくのは避けたいものです。女性としてのたし...

ランジェリーは手入れをきちんと行うことで長持ちさせることができます。繊細な生地でできていますから、手入れを怠ると急激に劣化するのです。おすすめの洗い方は、手洗いです。湯温は30度くらいがよいです。刺激の弱い中性洗剤を使用して押し洗いします。押して汚れを浮き上がらせるイメージで洗ってください。ねじる・もむなどの力を加えると、ランジェリーの繊維を傷めてしまうので注意が必要です。しっかりと洗ったら、すす...

ランジェリーにも似合う・似合わないがあります。海外のランジェリーは、日本人には合わないことが多いです。体型が違うためです。欧米人のようなグラマラスな体型の方は、日本人にはほとんどいないのです。日本製のランジェリーにも、やはり相性はあります。服装にも共通しますが、色との相性があるのです。本来であれば、人に見せる下着ではありませんから、色はどうでもよいと考えるかもしれません。しかし、見えないからこそこ...

ランジェリーのスリップは、オシャレなアイテムにもなります。下着だけでなく、アウターとして着用することもできるのです。着方のコツさえ覚えておけば大丈夫です。ランジェリーだとすぐに分かるようなタイプは、アウターには向いていません。下着を着ていると思われるかもしれないからです。装飾がなく、肩のストラップとドレスの素材が同一のタイプを選択することが大切です。ランジェリーだと思われなければ、アウターとして着...

ランジェリーは基礎下着であるファンデーションとアウターの間に着用するものです。「下着=ランジェリー」だと認識している方もいますが、正確にはもっと細かく分類されるわけです。ナイトドレス、ナイトガウン、ネグリジェ、バスロープなどが該当します。ランジェリーとして人気を高めているものには、ボディスーツもあります。Tシャツ、またはジャケットのインナーとして着用できるタイプもあります。補正機能のあるタイプは、...

ランジェリーには汗を吸着する役割があります。汗で下着がベタベタになるのは不快なものです。アウアーに汗や皮脂が付着してしまうこともあるため、それを防ぐためにもランジェリーは重宝します。湿度の高い梅雨は、何もしなくても大量の汗をかくものです。汗がアウターに染み込んでしまうと、色あせの原因となってしまいます。汗は水とは異なる成分ですから、染みの原因にもなりますし、生地にも悪いのです。日本の夏は高温多湿で...

ランジェリーは季節を問わずに役立つアイテムです。もちろん、冬にも役立ちます。冬に着用する目的は、寒さを防ぐことです。女性は冷え性の方が多いですから、ランジェリーはぜひ着用したいものです。ただ、冬は湿気が少なくなりがちです。空気が乾燥しやすい季節なので、静電気が発生しやすいのです。ランジェリーの素材が体に密着したり、ずれて上がってきたりするなどのトラブルが生じやすいです。静電気を防ぐためには、静電気...

下着のことを総称してランジェリーと呼ぶと考えている方が多いようです。しかし、そうではありません。一般的な下着とランジェリーは異なるのです。以下で、ランジェリーの種類について説明していきます。「Gストリングショーツ」は、セクシーさを強調したランジェリーになります。ショーツタイプであり、紐を中心として作られているのです。フロントに布地がありますが、ほかは紐で構成されています。Tバックよりもさらに露出度...

ランジェリーの種類はさまざまです。デザインだけでなく、機能性や目的も異なっています。ここでは、ランジェリーの種類と特徴について説明していきます。「シミーズ」は、袖なしタイプのランジェリーです。ベビードールやスリップと似ているのが特徴です。胸周辺から腰周辺までをカバーできます。キャミソールと似ていますが、もっと丈が長くなっており、裾はベビードールよりも広がりが狭くなっています。「ベビードール」は、キ...